ファスティングダイエット中に口にしていいもの・悪いもの

有名芸能人やモデルが実践したことでも話題になっているファスティングダイエット(プチ断食)ですが、その間口にしていいものや悪いものは具体的にどういったものがあるのでしょうか。

ここではファスティングダイエット中に口にしていいものと悪いものをご紹介します。

ファスティングダイエット中に口にしていいものは?

[水]
普段は食事を食べるだけで水分を摂取できたりしますが、ファスティングダイエット中は基本的に固形物は食べません。

脱水症状などを起こさないためにも普段よりも多めに水を飲むことが大切です。

[酵素ドリンク]
酵素にはデトックスや美肌、お通じを良くしたりする効果があります。

ファスティングダイエット中は栄養が不足しがちになるので栄養素を豊富に含んでいる酵素ドリンクをすすんで飲むようにしましょう。

また酵素を摂取することで空腹感を感じにくいことも期待できます。

[豆乳]
イソフラボンやビタミンが豊富な豆乳は美容にも効果があり、水と比べて少しドロッとしているのでお腹にもたまります。

イソフラボンは女性ホルモンと似ているので、ファスティングダイエット中にホルモンバランスを乱さないためにも積極的に摂取したい食品です。

[野菜ジュース]
ファスティングダイエット中はサラダは食べられませんがジュースにすれば野菜も摂取することができます。

市販の野菜ジュースは糖分が多いものがあるので、できれば自家製のものを飲みましょう。

作り方は野菜と水をジューサーにかけるだけなのでとっても簡単です。

緑色の野菜だと苦味が強い場合があるので、にんじんなどそのまま食べても苦くないものがオススメです。

[無糖ヨーグルト]
ファスティングダイエット中に腸内環境を乱さないためにヨーグルトは効果的です。

ヨーグルトにはたんぱく質やミネラルが含まれているので筋肉を落とすことなく脂肪燃焼に必要な栄養を補えるので、安全にダイエットすることができます。

あくまでもファスティングダイエット中なので無糖のものを摂取しましょう。

液体ばかりで空腹を我慢できないときにも最適です。

ファスティングダイエット中に口にしてはダメなもの

[固形の食べ物]
ファスティングダイエット中に食べられるものは基本的には液体の食べ物です。

そのため普通の食事は言うまでもありませんが、ノンカロリーのアメやガム、タブレットなども口にしてはいけません。

ファスティングダイエット中に口にしていいものとダメなものをご紹介しました。

プチ断食という名のとおり、3日を限度に行うようにしましょう。

実践中に体に何か違和感を感じた場合はすぐに中止して、念のため病院で見てもらうようにしましょう。

青汁でファスティングダイエットを効果的に行う方法まとめ!

ダイエットをしても成功する人ばかりではありません。

厳しい運動や過剰な食事制限など。

なかなか続けていくのは大変なダイエットもあるのです。

そこでお勧めなのはすっきりフルーツ青汁を使うファスティングダイエットです。

青汁がダイエットに向いている理由

ファスティングダイエットをする時には酵素を使うやり方も代表的な方法です。

しかし、酵素の場合はファスティングダイエットに失敗する人が多いのです。

・理由は、お腹がすき過ぎてそれが苦痛になる。
・酵素自体の味がうまくない。
・値段が高いので続けるのが難しい。

などです。

ファスティングというのは断食に近いダイエット方法になるので、空腹感を我慢し続けるのは大変な事です。

ではすっきりフルーツ青汁を使う場合はどうでしょうか。

この青汁なら飲んでいてもおいしいのでストレスになりません。

すっきりフルーツ青汁は単なる青汁ではなくて、フルーツの成分が入っているのでおいしく飲めます。

それに緑の野菜の栄養分が豊富ですから、美肌効果もあります。

また満腹感を得る事ができますから、空腹感との辛い闘いをする事もありません。

青汁でファスティングダイエットをする方法は?

ファスティングダイエットでは3つの期間を経験します。

まずは準備期間です。

この期間は体にこれから断食を始めていきますよ、と知らせる期間と考えましょう。

普段の食事をちょっとずつ減らしていきます。

胃腸に負担の少ないおかゆやみそ汁を中心にした食事に変えていきます。

次に断食期間に入ります。

この期間はファスティングダイエットしている時に一番、食事の量を抑える期間になります。

具体的には、1日目には朝にフルーツ青汁を3杯から4杯を飲みます。

朝の食事はこれだけです。

昼にはフルーツ青汁を2杯から3杯に軽食を加えてかまいません。

ちなみにダイエットをしている時の軽食は例えば、おかゆや暖かいスープがお勧めです。

夕食にはフルーツ青汁4杯を飲みます。

2日目には朝食にフルーツ青汁4杯、昼食にフルーツ青汁2杯から3杯に軽食を加えます。

夕食にはフルーツ青汁を4杯か3杯に軽食をプラスします。

これで断食期間は終了になります。

そして最後が復食期間です。

復食期間では少しずつ食事をいつもの量に戻していきます。

胃腸への負担を急に上げるような事は控えるようにしましょう。

ですから、例えば朝、昼、夕の食事の時には青汁1杯におかゆやみそ汁などを食べるなどあまり胃腸に負担がかからない形にします。

そして徐々に本来の食事に戻していくようにするといいでしょう。

ダイエット方法は無数にありますが、すっきりフルーツ青汁ならおいしく、さらに空腹感に苦痛を感じる事無くできます。
これなら挫折せずに続けていける人は多いでしょう。

ぜひ、すっきりフルーツ青汁を使いファスティングダイエットを実践してみましょう。

きっといい結果が出ますよ。

ファスティングダイエットの回復食にヨーグルトが良い理由。

今、話題のファスティングダイエットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ファスティングダイエットとは、プチ断食とも言われ、短い期間の断食を行うことで、お腹の中に溜まった毒素を追い出し、体の中からきれいに洗浄して、ダイエットにつなげるというものです。

しかし、短期間であっても断食を行うことで、体に負担が出てしまうため、ファスティングを終了したからと言って、急に通常の食事を取ることはおすすめではありません。

では、どんな回復食が望ましいのでしょうか。

ファスティング、なぜダイエットにいい?

短期間の絶食を行うファスティングダイエットですが、よく行われているのは、2~3日の週末や休み期間にファスティングを行う方が多くいます。

人が毎日、忙しく活動していて、受けるストレスは、体の外にも原因はありますが、内臓にも同じように負担が出ています。

疲れた内臓に休息を与えて、体内をリセットし、溜まった宿便などの毒素を出して、回復を試みることで、内臓を活発な動きに戻し、代謝を高めてダイエットにつなげます。

また、断食で食事を取らないので、エネルギー摂取も抑えられ、体内の脂肪を燃焼することもできます。

ファスティングダイエットには、回復食が大事

例えば、断食の日数を2日と設定した場合には、回復にも同じ日数の2日が必要になります。断食に体が慣れてくると、毎日フル回転して疲れていた消化器官も一旦、休みの状態になります。

口から食べ物が入らないことで、忙しかった内臓の活動も抑えられ、リセットされることになります。

しかし、急に、終了したからと言って、断食前と同じような食事が運ばれてくれば、体も対応することができなくなります。

内臓に負担をかけない消化に優しい食べ物が良いでしょう。

ファスティングダイエットの回復食のおすすめは、ヨーグルト

ファスティングダイエット後は、舌の感覚も過敏になり、刺激の少ない食べ物が良いでしょう。

回復食には、消化の良い野菜スープやお粥などが定番です。

しかし、疲れた体で、なかなか調理をするのは大変かもしれません。

ヨーグルトなら、消化も良く、腸内環境を整える乳酸菌も豊富に含まれているので、おすすめです。

また、ヨーグルトには、カルシウムがたっぷりと含まれています。精神的なストレス緩和の効果も期待でき、嬉しい食品と言えます。

2日間のファスティングを行った方は、少しずつヨーグルトをスプーン1杯から取り入れ、徐々に体に慣らして行くようにしましょう。

また、回復中は、満腹感が出るまでお腹いっぱい食べることは控えます。

腹六分目~八分目を目安に食べるようにして、内臓に負担が出ないようにしましょう。